読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士ゆきこの事件簿

弁護士@東京。気ままに日々の雑感をつづります。いろんなことに異議があったりなかったり。

【書籍】『無法の弁護人 法廷のペテン師』

書籍の紹介

『無法の弁護人 法廷のペテン師』が2月15日に発売されました。
坂根真也弁護士が法律監修です。

f:id:yikubo:20160218145328j:plain

www.amazon.co.jp

内容もおもしろかったよ、と聞いていたので、私も早速、読みました!
一言で言うと・・・

    おもしろい♪

です。

 

小説全体のほとんどが法廷での尋問シーンというのが特徴的です。
あくまでもフィクションなので、設定にも、現実とは異なる部分もありましたが、
「公判前整理手続」とか「誤導尋問です!」とか実際の裁判員裁判でも出てくる用語が出てきたりします。
「弁護士が増えている」とか妙にリアルな設定も出てきました笑。

 

最初、「裁判ものの小説を監修した」と聞き、固い小説なのかな~と想像していたのですが、
これは、小説の中でもいわゆる「ライトノベル」に属します。
昔から、マンガ派で、文字の多い小説はあまり読まない私でも、とても読みやすく、さらさら~と読めてしまいました。

 

「ノベルゼロ」という新しいレーベルのようです。
この小説も含め、どれも絵もきれいですね。
30代男性が主なターゲット、というところが珍しいです。

この本も、帯にはイラストがありますが、帯をとると、真っ白なシンプルな装丁です。

novel-zero.com

「おもしろい裁判ものを気軽に読みたいな」というときにはオススメです。

 

━━━★゚+.・‥…━━━★゚+.

弁護士ブログのランキングに参加してみました。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

足あと代わりにぽちっとしていただけると更新のはげみになるかも♪