弁護士ゆきこの事件簿

弁護士@東京。気ままに日々の雑感をつづります。いろんなことに異議があったりなかったり。

【研修】発達障がいと裁判員裁判

★前のブログから過去の記事を引っ越しました★

 

就労支援推進ネットワーク設立2周年記念シンポジウム

 「法曹界ユニバーサルデザイン

        ~発達障害者が安心して参画できる司法づくり~」

    ひとみのソーシャルライフ

先週土曜日、上記の企画に、参加させていただきました。

発達障がい(アスペルガー等)による「つまづき」を持っていらっしゃる方が、裁判員になった場合、どういう問題が生じてくるのか、ということを検証する目的で行われました。

聴覚障がいの方や視覚障がいの方等については、手話点字、といった観点から検討が重ねられています。

でも発達障がいという分野については、あまり検討が加えられていないように思われます。

恥ずかしながら、私自身、発達障がいについて、漠然とした知識はありましたが、具体的にはどのような「つまづき」があるのか、ほとんど知りませんでした。

 

今回、発達障がいの方に裁判員になっていただき、模擬裁判を実施して、意見交換をさせていただき、とても、勉強になりました。

結論として、基本的には、裁判員裁判をどうやったら分かりやすくできるか、ということを検討するときに、すでに問題になっていることと、問題となることはほぼ変わりませんでした。

たとえば、パワーポイントが分かりやすいのか、1枚のパネルの方がわかりやすいのか、質問の仕方はどういうものがわかりやすいのか。

こういったことは、これまでにも何度も議論されつつ結論の出ていないところです。

そういった問題点がより顕在化しやすいかどうか、ということだと感じました。

パワーポイントがあるとその印象がとても強くなる方、反対に、情報量が多すぎて、パワーポイントだと混乱してしまう方、一言で発達障がいといっても、「つまづき」方は人それぞれの個性があります。

また、「つまづき」そのものというより、むしろ、そういった「つまづき」を持つ方が裁判員に選ばれた際に、自分がどのような部分が苦手かを認識しているかどうか、ということが大きな問題のようです。

認識している方は、それに応じて、対処できますが、認識していない方だと、混乱してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

どんな個性がある方が裁判員になったとしても、理解してもらえるような「ユニバーサルデザイン」の裁判員裁判、というのは、これからまだまだ検討が必要ですね。

━━★゚+.・‥…━━━★゚+.

弁護士ブログのランキングに参加してみました。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

足あと代わりにぽちっとしていただけると更新のはげみになるかも♪