弁護士ゆきこの事件簿

弁護士@東京。気ままに日々の雑感をつづります。いろんなことに異議があったりなかったり。

【裁判員裁判】東京三弁護士会第3回模擬評議

7月25日(土)、26日(日)の2日間にわたり、東京三弁護士会主催で、第3回模擬評議を実施しました

 

今回も、

東京地裁から3名の裁判官

●7人の一般の方(補充裁判員役を含む)

東京地検の検察官1名

の協力を得て、実施することができました。

 

基本的には東京三弁護士会の弁護士向けの研修なのですが、

裁判所や検察庁司法研修所、学者の方、また、大阪や香川など遠方の弁護士の方も含め、130~140名(?)もの多数の方が傍聴にいらっしゃいました。

裁判員裁判の評議がどのように行われているのか、ということへの関心の高さがうかがわれます。

 

1日目の午前中に、模擬裁判を行い、その後、評議に入りました。

 

主任検察官役は、当事務所の坂根真也弁護士、

       (もう一人の検察官役は現役の検察官)

主任弁護人役は、宮村啓太弁護士でした。

 

私は第1回、2回模擬評議は企画チームとして裏方に徹したのですが、

今回はもう一人の弁護人役も担当することに・・・。

担当した冒頭陳述はペーパーレスで行いましたが

この人数の前で、しかも、撮影も入った状態で行うというのは、なかなかないことですので、

頭が真っ白になったら恥ずかしいな・・・ということが一番心配でしたが

一応、真っ白にはならなかったのでよかったです(^^;)

 

模擬裁判はあくまでも評議を見るための単なる前提で、

メインはもちろん模擬評議。

7時間にわたる評議を、傍聴人は、中継の形で傍聴しました。

どのような量刑要素がどのように評価されるのか、また、裁判官がどのような話をするのか、などを見ることができ、本当に貴重な機会になりました。

 

ぜひ第4回も実現したいです。

 

 

弁護士ブログのランキングに参加してみました。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

足あと代わりにぽちっとしていただけると更新のはげみになるかも♪ 

f:id:yikubo:20150611003852j:plain